マグロのさくを刺身にすると水っぽい!美味しく頂く秘訣は塩にある

レシピ

今晩のおかずはお刺身にしようと思った時にマグロをさくで買う方も多いのではないでしょうか。
しかし、何も手を加えずそのまま切ってお刺身にすると「なんだか水っぽい」なんてことも・・・

売られているほとんどのマグロは冷凍したものを解凍してお店に並べられています。
そのため、そのまま切ってしまうと水っぽくなってしまうのです。

この記事ではマグロをさくで購入した時に水っぽくなく美味しく頂ける方法を紹介しています。

マグロをさくで買ったら是非とも試していただきたいと思います。

マグロのさくは切る前のひと手間で美味しく頂ける

マグロのさくを買ったらひと手間加えるだけで美味しさがアップします。
そのひと手間とは・・・

1.マグロのさくに塩を振る

マグロをさくで買って来たら大さじ2杯程度の塩をまんべんなく振りラップをし、20分ほど冷蔵庫に入れておきます。※目安としてマグロのさく約200gに対して大さじ2程度
「えっ!大さじ2杯も」って思う方もおられますが、洗い流すと塩気は感じられないので大丈夫です。
この時の注意点は容器に傾斜をつけてマグロから出た水分が浸らないようにすることです。

これは個人的な感想ですが、普通の食塩よりも粗塩を使った方が美味しく感じられる気がします。
ご家庭に普通の食塩と粗塩が用意されている場合はどちらも試してみてはいかがでしょうか。

2.塩を流水で洗い流す



20分ほど冷蔵庫に入れておいたマグロを取り出し流水で塩を洗い流します。
この時の注意点としては長時間洗い流さないということです。
表面の塩をキチンと洗い流す程度で十分です。

3.洗ったマグロの水分を取る

塩を洗い流したマグロの水分をキッチンペーパーなどでしっかりと拭き取ります。
厚手のキッチンペーパーや布巾で包み込むとしっかりと水分が拭き取れます。

マグロのさくの切り方



マグロのお刺身は小指くらいの厚さで切ると良いでしょう。
マグロの筋に対して直角に包丁を入れてあげると食べる時に筋が気になりません。

マグロに限らずさくから刺身を作る時はよく切れる包丁を使いましょう。

私は包丁の切れ味が悪くなったと感じた時は棒状のダイヤモンドシャープナーを使って研いでいます。
使い方も簡単でちょっとした包丁研ぎには最適です。

包丁研ぎ 鋏研ぎ 研ぎ器 シャープナー スチール棒 粗研ぎ 細研ぎ 仕上げ研ぎ ダイヤモンド砥石 タングステン鋼 切れ味 ペティーナイフ スピードシャープナー キッチン 台所 調理
Zerodis
ダイヤモンドカーボン砥石スティックは、効果的でシャープなシャープネスを保証します。 このナイフ・シャープナー・ロッドは、より高い鮮鋭化効率を保証するように設計されています。

そして盛り付けへ・・・

まとめ

1.マグロのさくを買ったら大さじ2杯程度の塩をまんべんなく振り
冷蔵庫で傾斜を付けた状態で20分ほど入れておく

2.マグロの表面の塩を流水でさっと洗い流す

3.水分をよく拭き取る

お刺身は切れる包丁を使うと美味しさも全然違います。
料理は見た目も大切です。盛り付けの際には大葉や大根のツマを一緒に添えてあげると良いでしょう。

もしも大葉が余ってしまった時は大葉(青紫蘇)の長期保存!新鮮さを保つ方法とはで保存方法を紹介しています。
是非ご覧下さい。

大葉(青じそ)の保存方法!新鮮さを長く保つ3つのポイントとは
さわやかな香りと風味で料理を引き立たせてくれる大葉。そして大葉の緑は料理に彩を添えてくれる食材です。千切りやみじん切りにした大葉は薬味としてそうめんやサラダ、冷や奴や納豆など幅広く使える食材でもありますが使い切れずに余ってしまうことも・・...

マグロをさくで購入した時には是非とも試していただいて美味しいマグロを召し上がっていただきたいと思います。

レシピ
スポンサーリンク
Useful For Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました