ガンコなトイレの汚れ!漂白剤や洗剤を使っても落ちない時は!?

掃除・収納

 この記事ではトイレの汚れが酷く漂白剤や洗剤を使っても落ちない時の掃除方法を紹介しています。

長期間トイレの汚れを放置していると漂白剤や洗剤を使って掃除をしても落ちなくなってしまう場合があります。そんな時に実践していただきたい掃除の方法です。

掃除のプロに頼んでも良いのですが、できれば汚れたトイレは他人には見せたくはありませんよね。

ということで今回は自分でできるトイレの汚れを落とす方法です。
漂白剤や洗剤を使っても落ちない時にぜひ参考にしていただきたいと思います。

気になるトイレの汚れ(黒ずみ・黄ばみ)

 トイレの汚れで特に気になってしまうのが黒ずみと黄ばみ汚れですよね。
その原因は

黒ずみ汚れ

黒ずみは「水垢に付着した汚れやカビ」が原因です。
「さぼったリング」と呼ばれる汚れですね。
黒ずみを見つけたらすぐに塩素系の漂白剤で洗浄すれば比較的に落としやすい汚れです。
ですが、放置しているととても落ちにくくなってしまいますので早めに掃除をしましょう。
▼トイレの黒ずみ汚れには▼

黄ばみ汚れ

黄ばみの原因は「尿に含まれるリン酸カルシウムが結晶化」したものです。
この結晶化したものは「尿石」と呼ばれています。
問題なのがこの黄ばみ汚れ!
漂白剤や普通のトイレ用洗剤では落としづらいためそのまま放置してしまいがちです。
すると尿石の厚みが増しなおさら落としにくくなります。
黄ばみ汚れには酸性の洗剤が落としやすいと言われていますが長く放置をしてしまうと洗剤+トイレ用ブラシでこすっても落ちなくなってしまうのです。
▼トイレの黄ばみ汚れには▼

漂白剤や洗剤でも落ちない汚れには

 漂白剤や洗剤を使っても落ちないガンコな汚れは削り落とします。
ですが、紙やすりや耐水ペーパーを使ってしまうと陶器で作られているトイレにキズにがついてしまいます。キズがついてしまったところは汚れが出やすくなってしまうのでおすすめはできません。

そこでおすすめをしたいのがメラミンスポンジ

メラミンスポンジ

メラミンスポンジの代名詞と言えば「激落ちくん」

このメラミンスポンジで汚れを削り落とします。
メラミンスポンジは陶器よりも柔らかい素材のために便器にキズがつきません。

陶器以外の場所をメラミンスポンジでこすってしまうとキズになってしまうので注意してください。

最後に

今回はガンコなトイレの汚れを落とす方法を紹介しました。
 キレイなトイレは気持ちの良いものです。
また、お客さんが来た時にも汚れたトイレは見せたくはないですよね。

トイレの汚れが漂白剤や洗剤を使っても落ちなくなってしまった時にはぜひ試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました