自室や寝室にあると便利な小型1ドア冷蔵庫の地味に面倒な事と欠点

生活術・雑貨

 自室や寝室でのどが渇いた時に手を伸ばせばすぐそこに冷たい飲み物があったらと思ったことはないでしょうか。

冷蔵庫のあるキッチンに飲み物を取りに行くのって意外と面倒!
深夜ともなれば、物音で寝ている人を起こしたくないし・・・

などの理由から小型1ドア冷蔵庫を購入して使っていますが、使ってみると便利な事だけではありません。

この記事では小型1ドア冷蔵庫を使ってみた感想を率直に紹介しています。

小型1ドア冷蔵庫の使い勝手

 実際に小型1ドア冷蔵庫を使ってみた個人的な感想を便利な点と不便な点に分けて紹介しています。
実際に私が使っている製品と同等機種がこちら ↓

ハイセンス 小型 冷蔵庫 幅46.5cm 42L シルバー HR-A42JWS 1ドア 右開き ステンレスドア 静音
Hisense(ハイセンス)
¥10,700(2021/09/21 16:05時点)
【ステンレスドア】お掃除も簡単で清潔。シンプルデザインでお部屋をスタイリッシュに彩ります。

※ 以下、私が使用している製品の個人的な感想になります。

便利な点

1. 小さいので置き場に困らない
私が使用している冷蔵庫のサイズは縦439×横470×高さ510(㎜)です。

2. 小さい割に大容量(42L)
500mlのペットボトルや350ml缶などさまざまなサイズの容器を収納することができます。

3. 温度調節ダイヤルが付いている(5℃~0℃)
ダイヤルは0~7の8段階で0は運転停止します。
私は4または5で使用していますがよく冷えます。

4. 音が静か
就寝している時も音が気にならない程度です。

とここまで良いことばかり紹介してきましたが、気になる点もいくつかあります。

不便な点

1. 冷却器の霜取り
少なくとも半年に1回程度の霜取りをしないと霜が大きくなり取ることが大変になります。(理想は1ヶ月に1回)
私は霜を取る時には冷蔵庫内のものを全部出してから行っています。この作業が地味に面倒なんです。

2. アイスクリームなどの保存ができない
ほとんどの小型1ドア冷蔵庫の取扱説明書に記載されているのですが、製氷はできてもアイスクリームや冷凍食品の保存ができないのです。
冷凍食品はこの冷蔵庫に入れるつもりはありませんでしたが、アイスクリームの保存に関してはもっとよく調べて購入するべきでした。

まとめ

 小型1ドア冷蔵庫があればのどが渇いた時に自室でも寝室でもすぐに冷たい飲み物で潤すことができます。
不便な点もありますが、私はこの冷蔵庫を購入して良かったと思っています。

ちなみに少しサイズは大きくなりますが、小型2ドア冷蔵庫ではアイククリームなどの保存が可能な商品を多数探すことができます。
ご自身の要望を満たしてくれる個人用の冷蔵庫を探してみてはいかがでしょうか。

小型冷蔵庫の購入を検討されている方の判断基準になればと思います。

ハイセンス 小型 冷蔵庫 幅46.5cm 42L シルバー HR-A42JWS 1ドア 右開き ステンレスドア 静音
Hisense(ハイセンス)
¥10,700(2021/09/21 16:05時点)
【ステンレスドア】お掃除も簡単で清潔。シンプルデザインでお部屋をスタイリッシュに彩ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました