電源コードや接続ケーブルを上手にまとめてスッキリさせる

掃除・収納

 電気機器が増えると気になるのが電源コードや接続ケーブルですよね。

特にテレビやパソコンはアンテナケーブルやBlu-ray/DVDプレーヤー、プリンターなど他の機器を接続して使用することが多いため周辺がごちゃごちゃしてしまいます。

ケーブルやコードが乱雑になっている場所は掃除がしづらくホコリが溜まりやすい状態になってしまい衛生的ではありません。

また、見た目もキレイではないため他人にはあまり見せたくない場所の一つではないでしょうか。

コードやケーブルを上手にまとめてスッキリさせましょう。

コードやケーブルの上手なまとめ方と注意点

 基本的に電源コードや接続ケーブルは束ねずに使用します。
しかし、今回は束ねて使用するため注意点がありますのでお気を付けください。

コードやケーブルをまとめる時の注意点

電源コードや接続ケーブルには電気が流れています。

まとめる時にコードやケーブルに力を入れて折り曲げると断線やショートの原因にもなりますので注意してください。

折り返し部分は丸みを持たせて力を入れないようにしてください。


コードやケーブルをまとめるなら「スパイラルチューブ」が便利

スパイラルチューブとは産業用機械のケーブルやホースを保護する目的のために使われています。

好みの長さでスパイラルチューブを切ることも可能なのでまとめたコードやケーブルの長さによって調節できます。

固い素材ではないため、簡単に巻き付けることができます。

スパイラルチューブのサイズはまとめた時の状態を想定して購入しましょう。

ELECOM ケーブル まとめ スパイラルチューブ 内径10mm 長さ2.0m クリア BST-10
エレコム
¥300(2021/09/21 23:59時点)
ELECOM ケーブル まとめ スパイラルチューブ 内径10mm 長さ2.0m クリア BST-10

コードやケーブルは床に直置きしない

せっかくまとめたコードやケーブルを床に直置きすると掃除機や拭き掃除が大変になります。

床に直置きしないためにはワイヤーネットなどを使用し、コードやケーブルを固定しましょう。

テレビ台の裏の掃除が大変しやすくなります。

固定する時には結束バンドが便利ですが、傷つけたりしないように強く締め付けない方が良いかもしれません。

今回、コードやケーブルをまとめる前と後の画像がありますので参考になればと思います。


テレビ台を裏から撮った画像です。


配線がスッキリして掃除もラクラクです。

最後に

いかがでしたでしょうか。

コードやケーブルをまとめることは掃除もしやすく見た目もキレイになります。

コードやケーブルが増えてごちゃごちゃしてしまう方は試してみてはいかがでしょうか。

ELECOM ケーブル まとめ スパイラルチューブ 内径10mm 長さ2.0m クリア BST-10
エレコム
¥300(2021/09/21 23:59時点)
ELECOM ケーブル まとめ スパイラルチューブ 内径10mm 長さ2.0m クリア BST-10

コメント

タイトルとURLをコピーしました