ミョウガの保存方法を保存期間別に紹介!使い切れなくても大丈夫

保存方法

 夏の定番の香味野菜と言えばミョウガを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

そうめんの薬味として、または味噌汁の具やサラダに混ぜ合わせるなど多くの料理に利用できる食材です。
ですが、大量に頂いたり購入してしまった時はどのように保存していますか?

ミョウガは傷みやすく気づいた時には冷蔵庫の中で悪くなっていることも・・・

ということで、今回はミョウガの保存方法について紹介しています。

ミョウガの保存方法

 購入後そのままの状態で保存しても数日しか日持ちしないミョウガも上手に保存をすると1ヶ月以上経っても使えます。

使い切れなかったミョウガは上手に保存して最後まで使い切りたいですよね。
ということで保存期間別に保存方法が異なりますが、紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。

保存方法①【1週間~10日】

1週間~10日程度で使う予定がある方におすすめの保存方法です。

1. みょうがをキレイに洗い、濡らしたキッチンペーパーで包みます。
2. 冷蔵用保存バッグに入れて、野菜室で保存します。

2~3日でキッチンペーパーを新しく取り換えるようにしましょう。
ポイントは冷蔵庫の奥の良く冷える所で保管しないということです。

この方法で保存したミョウガは薬味としても、サラダに混ぜ合わせるなどの用途に適しています。

保存方法②【10日~1ヶ月】

10日~1ヶ月程度、使う予定がない方におすすめの保存方法です。
私は1ヶ月以上放置してしまう時もありますが1ヶ月を目安に使うことをおすすめします。

1. ミョウガをキレイに洗い、よく水分をふき取ります。
2. 1個づつラップで包みます。
3. 冷凍用の保存バッグに入れて冷凍します。

ポイントは洗った後の水分をよく拭き取り、空気を抜きながら1個づつラップで包むことです。

この方法で保存したミョウガは水っぽく少し柔らかくなってしまうため味噌汁の具や、炒め物に適しています。

凍ったままのミョウガを包丁で切ると滑りやすく手を傷つけやすいので3~5分程度、自然解凍してから切って下さい。

輪切りや千切りをしてから冷凍する保存方法もありますが、使用時に切り刻む方が風味が良いように感じます。
個人的には刻まずに丸ごと冷蔵または冷凍がおすすめ!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
みょうがの保存方法を保存期間別に紹介させていただきました。

使い切れなかったみょうがも保存期間別の保存方法を知っておくと最後までムダなく使い切ることができるのではないでしょうか。

あまってしまったり、大量にいただいた時には是非、参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました