スマホやタブレットだけでなくパソコンの操作ができる利点とは

パソコン・インターネット

 スマートデバイスと呼ばれるスマホやタブレット端末はますます便利になり一般的な用途に使うには充分な機能や性能を持っています。

持ち運びもラクで検索結果の表示や動画の閲覧など、簡単な操作をするだけであれば使い勝手のよい理想の端末と言えるでしょう。

一方でパソコンはスマホやタブレット端末で多くのことができるようになり使わなくなってしまった方や、そもそもパソコンを使ったことがない方もいるのではないでしょうか。

スマホやタブレット端末はパソコンの代用になると思われがちですが、実はパソコンならではの利点があります。

パソコンが操作できる利点

 スマートデバイスのように持ち運びには不向きですが、パソコンはファイルの作成や編集、移動に優れています。

スマホやタブレット端末よりも大きな画面なので見やすく、バックアップ(複製)を取ることも簡単です。

複数のファイルやソフト(アプリケーションソフト)を起動させて表示することができるので
一度に多くの作業をすることが可能です。

会社や就職活動では

会社ではデータの管理や資料作成などパソコンを使って仕事をする機会も多くあります。

そのためパソコンの機能に詳しい方やオフィスソフトと呼ばれる表計算ソフト(エクセルなど)や文書作成ソフト(ワードなど)に詳しい方は重宝されます。

就職活動の面接では「パソコンはどのくらい使えますか?」などという質問もされるくらいです。

入社後の新入社員研修で覚えようとしてもすぐにスキルが身につくわけではありません。

新入社員は覚えることが多くあります。

パソコンの基本操作やキーボードの入力に慣れているだけでも大きな差がつくのではないでしょうか。

家庭では

家庭での一般的な使用方法であればスマホやタブレット端末で十分と思う方も少なくはないでしょう。

しかし、イラストを作成したり動画の編集などの画像処理や作ったファイルの整理にはやはりパソコンを利用する方が便利です。

また、サイトやブログを立ち上げて情報を発信する時やデザインを変更をしたい場合にもパソコンの方が操作しやすいのです。

拡張性があり、後から必要な機器を取り付けられるのもスマホやタブレット端末と違うところです。

最後に

 スマホやタブレット端末は持ち運びに優れ、検索する時や動画の閲覧など一般的な使用をする場合には便利なデバイスです。

しかし、パソコンも職場や家庭で操作する機会は多くあります。

スマートデバイスと呼ばれるスマホやタブレット端末、そしてパソコンを上手に使い分けて操作できることが大切なのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました