組み立て式人工木ウッドデッキを設置!安価なモノなら確認が必要

生活術・雑貨

リビングから庭へ出る大きな窓の下のテラスにウッドデッキを設置したいと思う方も多いのではないでしょうか。
私もウッドデッキを設置したくなり、業者へ見積を取ってみると非常に値段が高い!
業者へ頼むと確かに良い材質の物でしっかりと施工してくれるという点では安心できると思うのですが・・・

ということで、今回はネットで組み立て式人工木ウッドデッキの比較的に安価なモノを選び設置してみました。

重量感もあり、個人的に材質や見栄えには満足しています。

ですが、個体によっては確認しなければならない点がいくつかありましたので購入をお考えの方の参考になればと思います。

今回、購入したウッドデッキは ↓ ↓ ↓

人工木ウッドデッキ 7点セット 0.75坪 連結用ネジ付 樹脂 デッキ 縁台【2色選択可】 (ダークブラウン)
グッドライフウッド
¥55,660(2021/09/22 02:19時点)
商品寸法:(約)幅2700×奥行900×高さ730mm(デッキ部分高280)

人工木ウッドデッキの組み立てに必要な道具

ウッドデッキを組み立てるのに必要な道具は

●プラスのドライバー 1本

フェンス部を組み立てるのに必要な道具は

●レンチ 2本

ウッドデッキの組み立てはすっごく簡単!
縁台部は、枠部分をはめ込んでネジで止めるだけ。

フェンス部もボルトとナットで締めるだけで完成するはずだったのですが・・・

まさかこんなところに落とし穴があるとは思いませんでした。

ウッドデッキ組み立て時に確認しておきたい点

実は購入したウッドデッキはネジで止める穴がズレていたり、材質に反りがある場合があります。

よく見ると梱包されている段ボール箱には中国製(made in China)の文字がありました。

縁台部は3箱あり、そのうちの1箱に縁台部の足を取り付けるネジ穴がズレているものと、床パネルと枠部分に反りがありました。

特に確認しておきたい所

やはり、ネジで止めることもあり穴が開いている所はしっかりと確認しておいた方がいいでしょう。
ネジの穴がズレているとネジで止めることができません。

そして縁台部や床パネルの反りも確認しておいた方が良いです。

不具合があった場合は購入元にしっかりと伝えて部品の交換を申し入れましょう。

私は床パネルだけ交換していただき、その他の不具合に関しては自分で直しましたが、不具合のある所は全て交換を申し入れることをおススメします。

不具合のあった部分の画像がこちらです。 ↓ ↓ ↓
床パネルの反りによるネジ外れの画像

縁台足部のネジ穴のズレ画像

最後に

初めて組み立て式のウッドデッキを購入する方はネットショッピングよりも実際に見ることができるホームセンターで購入する方がいいかもしれません。
不具合があった時に交換等を速やかにしてくれると思います。

ですが、今回私が購入したウッドデッキは材質がしっかりしていて重量感もあり気に入っています。
不具合さえ無ければ大変満足できる商品です。

材質のしっかりとしたウッドデッキの設置をお考えの方は試してみてはいかがでしょうか。

人工木ウッドデッキ 7点セット 0.75坪 連結用ネジ付 樹脂 デッキ 縁台【2色選択可】 (ダークブラウン)
グッドライフウッド
¥55,660(2021/09/22 02:19時点)
商品寸法:(約)幅2700×奥行900×高さ730mm(デッキ部分高280)

コメント

タイトルとURLをコピーしました